現場進捗報告

2012/08/31

久我山の家 その8 作成図面

今日はブルームーン(ひと月の2回目の満月)らしいですね。きれいな満月が見えました。


さて、エスキスもだいぶ進んで来ていますが、このころになると同時並行で作図も進んできます。
エスキスでは判らない細かい部分の具体的な検討、詳細な法規チェック、構造検討や見積りのベースとして図面が作られます。

アルクでは、そうですね、規模にもよりますが一件の住宅に対して60枚くらいのセットの図面をつくります。
その他構造図や機器の承認図も合わせると100枚くらいになりますが、
変更の度に訂正図面を作ったり、確認申請で追加の図面を求められたり、
現場の状況に合わせて指示書を作ったりするので、延べだと2〜300枚になるのではないでしょうか。
これでもすべての設計内容を盛り込むことは難しいと思います。
住宅というのは実に細かいことまで決めなければいけない、一品生産品なんですね。
IMG_0582.jpg


もちろん、打ち合わせの度に協議内容を盛り込んだ新しい図面を作ります。
通常は、見積り調整も済み、工事契約を工務店さんとして頂く段階で、
お客様に最終図面としてまとまったものをお渡しします。

ただし、これでも最終的な図面集ではなく、あくまでベースとなるものです。
ここから構造図が加わったり、家具の施工図を作ってもらったり、変更機器の図面が増えたりしていきます。
また、現場での判断などで設計は変わります。
設備機器の設置や配管経路は現場でないと確定しにくいものです。
また、塗装や左官仕上げの色などは、現場で諸我さんが実際見て判断することも多いです。
これも実際の空間に自ら立つことで判ることが多いからです。


自動車のように、モックアップを作り、プロトタイプを作り、工場で何度もテストをして、といけば、
万民にとって確実なものを作ることが出来ると思いますが、
建築、とくに住宅ではそうはいきません。
そこが建て主さんにとっても、我々設計する側にとっても面白いところなのかも知れませんね。



久我山の家 その8 作成図面と同じカテゴリの前後4件

(有)アトリエアルク

〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町25
インペリアルビル504
TEL:045-651-0053
FAX:045-651-0059

(有)アトリエアルク 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町25 インペリアルビル504
TEL:045-651-0053  FAX:045-651-0059